高松宮記念 血統傾向

血統

こんにちは!

メルベイユです。

今回は3月26日(日)に行われる

高松宮記念(GⅠ)の血統傾向を

分析してみたいと思います。

高松宮記念 血統傾向

レース検索

レース検索

日付馬名S着順種牡馬母父馬
220327ナランフレグゴールドアリュールブライアンズタイム
220327ロータスランドPoint of EntryScat Daddy
220327キルロードロードカナロアサクラバクシンオー
210328ダノンスマッシュロードカナロアHard Spun
210328レシステンシアダイワメジャーLizard Island
210328インディチャンプステイゴールドキングカメハメハ
200329モズスーパーフレアSpeightstownBelong to Me
200329グランアレグリアディープインパクトTapit
200329ダイアトニックロードカナロアサンデーサイレンス
190324ミスターメロディScat DaddyDeputy Minister
190324セイウンコウセイアドマイヤムーンCapote
190324ショウナンアンセムジャングルポケットクロフネ
180325ファインニードルアドマイヤムーンMark of Esteem
180325レッツゴードンキキングカメハメハマーベラスサンデー
180325ナックビーナスダイワメジャーMore Than Ready
170326セイウンコウセイアドマイヤムーンCapote
170326レッツゴードンキキングカメハメハマーベラスサンデー
170326レッドファルクススウェプトオーヴァーボードサンデーサイレンス
160327ビッグアーサーサクラバクシンオーKingmambo
160327ミッキーアイルディープインパクトRock of Gibraltar
160327アルビアーノHarlan's HolidayUnbridled
150329エアロヴェロシティPinsKaapstad
150329ハクサンムーンアドマイヤムーンサクラバクシンオー
150329ミッキーアイルディープインパクトRock of Gibraltar
140330コパノリチャードダイワメジャートニービン
140330スノードラゴンアドマイヤコジーンタヤスツヨシ
140330ストレイトガールフジキセキタイキシャトル
130324ロードカナロアキングカメハメハStorm Cat
130324ドリームバレンチノロージズインメイマイネルラヴ
130324ハクサンムーンアドマイヤムーンサクラバクシンオー
集計期間:2013. 3.24 ~ 2022. 3.27


上記の表は高松宮記念過去10年の

1~3着馬の種牡馬ならびに母父馬を

記載したものになります。

短距離芝GⅠはミスプロ系種牡馬の馬券占有率が高い

これは短距離芝GⅠの特徴でもありますが
ミスプロ系種牡馬の馬券占有率が高いですね。

高松宮過去10年での
ミスプロ系種牡馬の馬券内
(3着以内)比率。

ミスタープロスペクター系
(ロードカナロアと同系色)
43.3%

今年の高松宮記念のミスプロ系
種牡馬の出走馬は以下の通りになります。

3代血統表 ウインマーベル

3代血統表 ウインマーベル

牡 4歳    (父 10歳・母 17歳時産駒) 2019年 栗毛 (新冠町)
*アイルハヴアナザー

 2009年 栗毛 (米)
Flower Alley

 2002年 (米)
Distorted Humor
 1993年 (米)
Princess Olivia
 1995年
Arch’s Gal Edith

 2002年
Arch
 1995年 (米)
Force Five Gal
 1994年
コスモマーベラス

 2002年 栗毛 (三石町)
フジキセキ

 1992年 青鹿 (千歳市)
*サンデーサイレンス
 1986年 青鹿 (米)
*ミルレーサー
 1983年 鹿毛 (米)
*ロモーラ

 1992年 鹿毛 (米)
Nijinsky
 1967年 (加)
Single Blade
 1984年
[Mr. Prospector]   6.25% 5+5 (父方)
[Danzig]   6.25% 5+5 (父方)


3代血統表 キルロード

3代血統表 キルロード

セ 8歳    (父 7歳・母 12歳時産駒) 2015年 鹿毛 (日高町)
ロードカナロア

 2008年 鹿毛 (新ひだか町)
キングカメハメハ

 2001年 鹿毛 (早来町)
Kingmambo
 1990年 (米)
*マンファス
 1991年 黒鹿 (愛)
レディブラッサム

 1996年 鹿毛 (千歳市)
Storm Cat
 1983年 (米)
*サラトガデュー
 1989年 鹿毛 (米)
キルシュワッサー

 2003年 栗毛 (門別町)
サクラバクシンオー

 1989年 鹿毛 (早来町)
サクラユタカオー
 1982年 栗毛 (静内町)
サクラハゴロモ
 1984年 鹿毛 (早来町)
*ナミビア

 1997年 栗毛 (米)
Seeking the Gold
 1985年 (米)
Going Ashore
 1989年
[Mr. Prospector]   12.50% 4 x 4
[Raise a Native]   6.25% 5 x 5
[Gold Digger]   6.25% 5 x 5
[Northern Dancer]   6.25% 5 x 5


3代血統表 ファストフォース

3代血統表 ファストフォース

牡 7歳    (父 8歳・母 13歳時産駒) 2016年 黒鹿 (浦河町)
ロードカナロア

 2008年 鹿毛 (新ひだか町)
キングカメハメハ

 2001年 鹿毛 (早来町)
Kingmambo
 1990年 (米)
*マンファス
 1991年 黒鹿 (愛)
レディブラッサム

 1996年 鹿毛 (千歳市)
Storm Cat
 1983年 (米)
*サラトガデュー
 1989年 鹿毛 (米)
ラッシュライフ

 2003年 黒鹿 (白老町)
サクラバクシンオー

 1989年 鹿毛 (早来町)
サクラユタカオー
 1982年 栗毛 (静内町)
サクラハゴロモ
 1984年 鹿毛 (早来町)
フレンドレイ

 1997年 鹿毛 (浦河町)
*デインヒル
 1986年 鹿毛 (米)
マーチンミユキ
 1989年 鹿毛 (浦河町)
[Northern Dancer]   9.38% 5 x 5+5
[His Majesty]   6.25% 5 x 5

3代血統表 ボンボヤージ

3代血統表 ボンボヤージ

牝 6歳    (父 9歳・母 9歳時産駒) 2017年 鹿毛 (平取町)
ロードカナロア

 2008年 鹿毛 (新ひだか町)
キングカメハメハ

 2001年 鹿毛 (早来町)
Kingmambo
 1990年 (米)
*マンファス
 1991年 黒鹿 (愛)
レディブラッサム

 1996年 鹿毛 (千歳市)
Storm Cat
 1983年 (米)
*サラトガデュー
 1989年 鹿毛 (米)
ディープインアスク

 2008年 鹿毛 (新冠町)
ディープインパクト

 2002年 鹿毛 (早来町)
*サンデーサイレンス
 1986年 青鹿 (米)
*ウインドインハーヘア
 1991年 鹿毛 (愛)
マーズプリンセス

 1997年 鹿毛 (浦河町)
*デインヒル
 1986年 鹿毛 (米)
*ディアーミミ
 1987年 黒鹿 (米)
[Northern Dancer]   6.25% 5 x 5
[His Majesty]   6.25% 5 x 5
[Hail to Reason]   6.25% 5+5 (母方)

ミスプロ系種牡馬出走馬の中で
取り上げたいのはやはり
ウインマーベルになるでしょうか。

ウインマーベルは前々走の
スプリンターズSではクビ差での
2着(7番人気)

前走のシルクロードSでは
1秒差の7着という結果でしたが
スタートで出遅れたうえに最後の
直線では大外を回るロスの多い競馬。
また、シルクロードでは59キロという
トップハンデも課されていました。

前走の高松宮記念の前哨戦にあたる
シルクロードSでは出遅れ+大外回し
+59キロと不利な条件が3つ重なった結果
なので、本番の高松宮記念では巻き返しの
余地が十分にあるのではないかと思います。

ウインマーベル
芝1200M成績
3-3-3-1
ウインマーベルは芝1200Mを10走して
馬券外はたったの1回というのも見逃せない
ポイントですね。

ウインマーベル
騎手松山弘平
1-2-0-1
ウインマーベルと松山騎手の
相性も良いですね。




昨年の高松宮記念ではミスプロ系種牡馬
ロードカナロア産駒のキルロードが17番人気
で3着に入選しました。

今年の高松宮記念のミスプロ系種牡馬出走馬の
中からはウインマーベルを取り上げましたが
同じミスプロ系種牡馬であるキルロード、
ファストフォース、ボンボヤージも大穴の
可能性は秘めているかもしれませんので
注目してみたいです。

ミッキーアイル産駒にも注目

ミッキーアイルは現役時代に高松宮記念
に出走経験があります。

ミッキーアイル
2015年高松宮記念
3着(3番人気)

2016年高松宮記念
2着(2番人気)

惜しくも優勝はできませんでしたが
3着、2着と善戦しています。

今年の高松宮記念にはミッキーアイル産駒
の出走馬が2頭います。

3代血統表 メイケイエール

3代血統表 メイケイエール

牝 5歳    (父 7歳・母 5歳時産駒) 2018年 鹿毛 (安平町)
ミッキーアイル

 2011年 鹿毛 (安平町)
ディープインパクト

 2002年 鹿毛 (早来町)
*サンデーサイレンス
 1986年 青鹿 (米)
*ウインドインハーヘア
 1991年 鹿毛 (愛)
*スターアイル

 2004年 鹿毛 (愛)
Rock of Gibraltar
 1999年
Isle de France
 1995年
シロインジャー

 2013年 白毛 (安平町)
*ハービンジャー

 2006年 鹿毛 (英)
Dansili
 1996年 (英)
Penang Pearl
 1996年
ユキチャン

 2005年 白毛 (早来町)
*クロフネ
 1998年 芦毛 (米)
シラユキヒメ
 1996年 白毛 (早来町)
[サンデーサイレンス]   18.75% 3 x 4
[Halo]   9.38% 4 x 5
[Wishing Well]   9.38% 4 x 5
[Danehill]   12.50% 4 x 4
[Danzig]   6.25% 5 x 5
[Razyana]   6.25% 5 x 5

3代血統表 ナムラクレア

3代血統表 ナムラクレア

牝 4歳    (父 8歳・母 11歳時産駒) 2019年 青鹿 (浦河町)
ミッキーアイル

 2011年 鹿毛 (安平町)
ディープインパクト

 2002年 鹿毛 (早来町)
*サンデーサイレンス
 1986年 青鹿 (米)
*ウインドインハーヘア
 1991年 鹿毛 (愛)
*スターアイル

 2004年 鹿毛 (愛)
Rock of Gibraltar
 1999年
Isle de France
 1995年
*サンクイーン2

 2008年 栗毛 (米)
Storm Cat

 1983年 (米)
Storm Bird
 1978年 (加)
Terlingua
 1976年
Fountain of Peace

 2002年
Kris S.
 1977年 (米)
Coup de Genie
 1991年
[Halo]   9.38% 4 x 5
[Northern Dancer]   9.38% 5 x 4
[Hail to Reason]   6.25% 5 x 5


メイケイエールは全14走して
7-0-0-7
1着か4着以下になるかという
極端なキャラクターの牝馬になります。

メイケイエールは気性難や人気との兼ね合いを
考えると、人気の割にリスクも大きい部分も
ありますので、ミッキーアイル産駒からは
ナムラクレアを取り上げます。

ナムラクレアは
父ミッキーアイル×母父ストームキャット。
ミッキーアイルの父はディープインパクト。
父ディープインパクト×母父ストームキャット
は相性抜群でこの組み合わせから多くのGⅠ馬
が誕生しています。

それらの観点からディープインパクト産駒の
ミッキーアイルも母父ストームキャットとの
相性が良いのではないかという期待もあります。

父ディープインパクト×母父ストームキャット
の相性の良さにつきましては、同ブログ内に
ディープインパクト産駒の狙い方という記事内
で詳しく解説していますので、よろしければ
そちらも是非ご覧になってみて下さい。

ナムラクレアは前走シルクロードSでは
中段で脚を溜めて、上り最速32.9秒での
イン差しを決めての勝利。

前々走のスプリンターズSでは同じく
中段付近で脚を溜めて、最後の直線で
末脚を伸ばしましたが、0.2差の5着。
ただし、スプリンターズSは内を通った
馬が有利の内伸び馬場でした。

スプリンターズSでのナムラクレアは
最後の直線で大外を回っての0.2差の5着
でしたので、内外の馬場差の影響もかなり
大きかったと思いますので、スプリンターズS
は負けて強しの部分もあったと思います。

ナムラクレアの父ミッキーアイルは
現役時代のGⅠ勝ち鞍は2勝になります。
2014年 NHKマイルC(GⅠ)
2016年 マイルCS(GⅠ)

NHKマイルCとマイルCSを優勝した時の
ミッキーアイルの鞍上は浜中俊騎手でした。

ミッキーアイルの主戦騎手だった浜中俊
騎手がミッキーアイル産駒のナムラクレア
で挑む高松宮記念。

そういった人馬のドラマにも注目してみたいと
思います。

高松宮記念血統傾向 まとめ

血統傾向からの注目馬

ウインマーベル
(アイルハヴアナザー産駒)

ナムラクレア
(ミッキーアイル産駒)

ウインマーベル8枠18番

ナムラクレア7枠15番

あとは高松宮記念当日の
中京競馬場の馬場状態
(トラックバイアス)
のチェックも必須になりますね。

イン有利の内伸び馬場なのか?
外差しが効く馬場なのか?
などなど。



メルベイユが血統に興味を持つきっかけに
なった書籍。
田端到・加藤栄の種牡馬事典。
これから血統のことを学んでみたいという
方にお勧めです。

血統というと難しいイメージがありますが
田端到氏の文章は種牡馬のキャラクターを
大変わかりやすく説明してくれるので
初心者の方にもお勧めです。

Twitter始めました!
フォローしていただけますと
ブログ最新記事の更新通知を
受け取ることができます。

その他にも競馬に関することを
ツイートしていく予定です。

お気軽にフォローしてくださると
嬉しいです!

[最強]競馬ブログランキングへ

最強競馬ブログランキングに参加中。
ブログ執筆にあたり応援が励みになります。
クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

日本ブログ村ランキングに参加中。
ブログ執筆にあたり応援が励みになります。
クリックお願いします。




コメント

タイトルとURLをコピーしました